FXトレード日記・いいだっち手法で稼ぐ

FXトレーダー「いいだっち先生」のパターントレード法を修行中!ドンピシャ、ヒゲだしパターンで稼ぎます。

ガラケーの部屋 有益情報

ガラケーの部屋 第7回(ゲスト:ひろぴー)

投稿日:2018年3月24日 更新日:

時々観ている「ガラケーの部屋」

今回はひろぴーさん

仮想通貨の話がメインですが、
管理人が注目したのは
47分くらいからのチャートのトレンドについての話は興味深かったです。

トレンドに現れる参加するトレーダー心理の話。
そしてひろぴーさんがエントリーするタイミングは…。

相場に反映される人間の心理。今も昔も変わらない人間の心理。

最初の打診買いした人
次の押し目で入ったひと、
その次の押し目で入った人、
波は3回(4回)、
そして最後の押し目を拾った人の波の後、少し上げたところが重要。
ここはみんなが含み益のあるところ
ここでの人間の心理として
例えば「10万円の含み益が5万円に一度落ちたとき、損した気持ちになる。
そして、次に上げてきたとき7万円くらいで、損をしたくないから、長期で入った人から、もう”この辺で”と利食いをはじめる」
そして、徐々に勢いがなくなり、みんなが損切りを入れているところを抜けたら、みんなが一斉に逃げて急落する。

「短気、中期、長期の人。全員がいっせいに逃げるポイントを探す」

いわゆるエリオット波動の話だと思うのですが、
あらためてとても重要なことだと思いました。
みんなが一斉にストップを入れているところを考えるのか。

-ガラケーの部屋, 有益情報

執筆者:

関連記事

相場の「声を聴く」とはなんだろう?

今、世の中にはたくさんのFXのトレード手法を有料・無料で公開されています。 Youtube上でもFXのトレード手法を公開していたりする人もたくさんいます。 どれもすごくうまくいきそうに見えます。 管理 …

おすすめ>【FX】対談「手法公開します」ひろぴーに訊く【Part2】

YoutubeでFX情報発信されている専業トレーダーの蜂谷すばる氏のチャンネル。 FXトレーダーのひろぴー氏との対談。ひろぴー氏がトレーダーの心理がうまく説明されている。 上昇トレンドから下降へ転換す …

田渕直也 著「確率論的思考 金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学」を読んだ

  田渕直也 著「確率論的思考 金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学」を読んだ。 未来はだれもわからない。そんな世界でどういう考えで行動するのか。いろいろ参考になる話だった。 そのなか …

BIG tomorrow(ビックトゥモロー) 増刊号に「いいだっちトレード手法」が紹介されていました。

先日発売されたBIG tomorrow(ビックトゥモロー) 1月号増刊号はFX特集号で、表紙には「元手1万円が20万円に!FXタイミングを外さない稼ぎ方」。 この中で、「いいだっち先生」が紹介され、そ …

利食い幅ってどのくらいがいいのだろう。

利食いはどこでするかという問題は、案外と曖昧なのではないだろうか? そりゃどこまでも大きく、たくさん利益があるだけ取れればそれに越したことはないです。 しかし、含み益がでてくると欲をかいてキープし続け …