FXトレード日記・いいだっち手法で稼ぐ

FXトレーダー「いいだっち先生」のパターントレード法を修行中!ドンピシャ、ヒゲだしパターンで稼ぎます。

コラム

立花義正著「あなたも株のプロになれる」感想

投稿日:2018年7月20日 更新日:

以前のいいだっち勉強会のなかで、紹介されていた立花義正著「あなたも株のプロになれる」を読みました。

立花正義さんという伝説のトレーダーの自伝兼取引術の紹介。
株のうねり取りというのか、分割して取引する手法らしい。
しかし、それより前半の氏の株のプロになっていく過程がたいへん勉強になる。

終戦後に会社の株を買ったことから株に興味を持つ。その後のめり込み勉強していく、一時勝つがすぐに財産を失う。
それでも仕事があるのでどうにか生活されていたようだが、いろんな勉強法や、証券会社の営業や専門家の「先生」が実は全然儲かってなかったと知り、結局はひとを当てにせず、自分の責任と判断でやるしかないと決心する過程はおおいに参考になった。

職場の事故をきっかけに退職し株で生きて行こうと決心。毎日記録をつけていく日々を送る。いまだとそれこそPCを使えば簡単にできてしまう記録。昔はすべて自分でグラフを書くなど大変だったろうが、それだけにアタマに入っていったのではと思う。

分割取引により大きく利益を得るようになるも、心は淡々と相場に向き合えるようになっていた。

この心の有り様を考えるだけでもトレードに大いに参考になるのではないだろうか。

お薦めです。

-コラム

執筆者:

関連記事

損小利大について考えてみる

「トレードは損小利大になるようにする」とはよく言われると思います。 しかし実際にやろうとするとよくわからないのではないでしょうか? 管理人もそうだったのですが、このところ少し腑に落ちるところがあり、そ …

「休むも相場」トレードをしない(休む、待つ)ことこそがトレードの主な仕事

「休むも相場」ということわざみたいなのを聞いたことがありますが、 最近このことの重要さを考えています。 管理人は人にアドバイスするようなレベルでもありませんが、今回はそのことについて思っていることを少 …

堀内昭利著「市場の神々」を買った。

いいだっち先生が紹介されていた伝説のトレーダー堀内昭利著「市場の神々」をアマゾンの中古で買った。 400ページ以上の分厚い本だった。 堀内昭利氏の生い立ちから、為替ディーラーになってからの相場の世界が …

ガラケーの部屋 第12回(ゲスト:スキャトレふうた氏)

毎回、有名トレーダーを招いて対談するガラケーの部屋。 今回は、スキャトレふうた氏。氏の公開しているツールも人気があるそうだ。 丁度、トレードの負けが続くと取り返そうと焦って負けトレードを重ねる…これを …

1pipsにこだわれ!

先の記事に、後追いしてエントリーすると負けることが多いなどと書いたが、 スルーする勇気 エントリーする際のタイミングで「まだ入れる誤差内だ」などと考えてはいけない。 管理人は強制ストップ幅を固定してこ …