FXトレード日記・いいだっち手法で稼ぐ

FXトレーダー「いいだっち先生」のパターントレード法を修行中!ドンピシャ、ヒゲだしパターンで稼ぎます。

コラム 有益情報

田渕直也 著「確率論的思考 金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学」を読んだ

投稿日:2021年2月1日 更新日:

 

田渕直也 著「確率論的思考 金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学」を読んだ。
未来はだれもわからない。そんな世界でどういう考えで行動するのか。いろいろ参考になる話だった。
そのなかで相場の話は特に興味深いものだった。

市場は完全なランダムウォークという言い方は相場をやっている人間ならきいたことのある説だろう。

本のなかで、相場のトレンドを表したようなグラフが出されているのだが、それはランダムな点をシミュレーションしたものだという。コンピューターでランダムな点の並びと同じく相場もランダムな動きだという。あれこれ相場の上がり下がりにファンダメンタル、テクニカルのいろいろな理屈をつけても結局は動きはランダムだと。

相場がこのあと上がるか下がるかは誰にもわからないというのだ。

人間の認知バイアスや行動心理により、バブルやその反対のバブル崩壊のような急上昇、暴落などあるが、それらも含めておしなべてみれば結局はランダムの動きになるのだ。

だが、ふと思ったのだが、相場の動きがランダムならコイントスと同じで上がるか下がるかの確率は50%。そうなると、負けと勝ちのポイントに差をつけて、続けていけば必ず勝ちのポイントが大きくなるのではと思った。

こちらにも書いたが、勝ち100点、負け30点として勝負し続ければ自ずと勝ち点の方が増えていくのではないか。これが不確実な相場で生き残る「聖杯」なのでは?

損小利大について考えてみる

-コラム, 有益情報

執筆者:

関連記事

ガラケーの部屋 第12回(ゲスト:スキャトレふうた氏)

毎回、有名トレーダーを招いて対談するガラケーの部屋。 今回は、スキャトレふうた氏。氏の公開しているツールも人気があるそうだ。 丁度、トレードの負けが続くと取り返そうと焦って負けトレードを重ねる…これを …

投資は失敗しても他人が責任をとってはくれない。

以前、投資は「自分で考えてやるもの」という記事を書いた。 自分で考えてトレードする とある仮想通貨をあおるインフルエンサーさんを信じて仮想通貨に投資して儲かってありがとうと感謝されているという話。 だ …

ガラケーの部屋(ゲスト:プロトレーダーいいだっちさん)

有名トレーダーのガラケーさんが「ガラケーの部屋」という対談番組をはじめられて、その第1回ゲストがいいだっちさんです。 お酒の勢いもあるのか、FXトレード界隈をズバズバ斬っています。 とてもおもしろかっ …

「いいだっち先生のリアルトレード塾」が始まりました。

本ブログのトレード手法を教えていただいている「いいだっち先生」のトレード講座の番組がスタートしました。 偶数週の土曜日に「生中継」での配信だそうです。 今回の講座内容ですが、いいだっち先生が普段の勉強 …

映画「寅さん」のロケ地に行ってきた。

ここのトレードブログの趣旨とは少し違うかもしれないが、映画「男はつらいよ寅次郎紅の花」のロケ地の一つに行ってきた。 管理人は特に寅さんシリーズのファンでもなかったのだが、アマゾンプライムに入っている寅 …