FXトレード日記・いいだっち手法で稼ぐ

FXトレーダー「いいだっち先生」のパターントレード法を修行中!ドンピシャ、ヒゲだしパターンで稼ぎます。

コラム 有益情報

田渕直也 著「確率論的思考 金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学」を読んだ

投稿日:2021年2月1日 更新日:

 

田渕直也 著「確率論的思考 金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学」を読んだ。
未来はだれもわからない。そんな世界でどういう考えで行動するのか。いろいろ参考になる話だった。
そのなかで相場の話は特に興味深いものだった。

市場は完全なランダムウォークという言い方は相場をやっている人間ならきいたことのある説だろう。

本のなかで、相場のトレンドを表したようなグラフが出されているのだが、それはランダムな点をシミュレーションしたものだという。コンピューターでランダムな点の並びと同じく相場もランダムな動きだという。あれこれ相場の上がり下がりにファンダメンタル、テクニカルのいろいろな理屈をつけても結局は動きはランダムだと。

相場がこのあと上がるか下がるかは誰にもわからないというのだ。

人間の認知バイアスや行動心理により、バブルやその反対のバブル崩壊のような急上昇、暴落などあるが、それらも含めておしなべてみれば結局はランダムの動きになるのだ。

だが、ふと思ったのだが、相場の動きがランダムならコイントスと同じで上がるか下がるかの確率は50%。そうなると、負けと勝ちのポイントに差をつけて、続けていけば必ず勝ちのポイントが大きくなるのではと思った。

こちらにも書いたが、勝ち100点、負け30点として勝負し続ければ自ずと勝ち点の方が増えていくのではないか。これが不確実な相場で生き残る「聖杯」なのでは?

損小利大について考えてみる

-コラム, 有益情報

執筆者:

関連記事

「休むも相場」トレードをしない(休む、待つ)ことこそがトレードの主な仕事

「休むも相場」ということわざみたいなのを聞いたことがありますが、 最近このことの重要さを考えています。 管理人は人にアドバイスするようなレベルでもありませんが、今回はそのことについて思っていることを少 …

スルーする勇気

ドンピシャパターン発生したのを見逃して「しまった!」と悔しい思いをすることがある。 まだいけるのではと少し値が開いていても後追いでエントリーしてしまう。 そんなことが時々ある。 しかし、ほぼ失敗する( …

ゴゴジャンTV「江守哲の陰謀だらけの世界経済 エピソード1」

ゴゴジャンTVの番組「江守哲の陰謀だらけの世界経済 エピソード1」 これは「世界を動かしているのは実は…」という陰謀論なのか? 信じるか信じないかはあなた次第だ! 聞き手の女性の反応が半信半疑な感じも …

FX対談・ガラケーの部屋(ゲスト:東京システムトレーダーさん)

先日いいだっち先生が第1回ゲストとして登場したネット番組「ガラケーの部屋」ですが、 第2回はEA開発の東京システムトレーダーさんという方でした。 このブログはいいだっち手法の紹介が一つのテーマなのです …

おすすめ>【FX】対談「手法公開します」ひろぴーに訊く【Part2】

YoutubeでFX情報発信されている専業トレーダーの蜂谷すばる氏のチャンネル。 FXトレーダーのひろぴー氏との対談。ひろぴー氏がトレーダーの心理がうまく説明されている。 上昇トレンドから下降へ転換す …