FXトレード日記・いいだっち手法で稼ぐ

FXトレーダー「いいだっち先生」のパターントレード法を修行中!ドンピシャ、ヒゲだしパターンで稼ぎます。

コラム

立花義正著「あなたも株のプロになれる」感想

投稿日:2018年7月20日 更新日:

以前のいいだっち勉強会のなかで、紹介されていた立花義正著「あなたも株のプロになれる」を読みました。

立花正義さんという伝説のトレーダーの自伝兼取引術の紹介。
株のうねり取りというのか、分割して取引する手法らしい。
しかし、それより前半の氏の株のプロになっていく過程がたいへん勉強になる。

終戦後に会社の株を買ったことから株に興味を持つ。その後のめり込み勉強していく、一時勝つがすぐに財産を失う。
それでも仕事があるのでどうにか生活されていたようだが、いろんな勉強法や、証券会社の営業や専門家の「先生」が実は全然儲かってなかったと知り、結局はひとを当てにせず、自分の責任と判断でやるしかないと決心する過程はおおいに参考になった。

職場の事故をきっかけに退職し株で生きて行こうと決心。毎日記録をつけていく日々を送る。いまだとそれこそPCを使えば簡単にできてしまう記録。昔はすべて自分でグラフを書くなど大変だったろうが、それだけにアタマに入っていったのではと思う。

分割取引により大きく利益を得るようになるも、心は淡々と相場に向き合えるようになっていた。

この心の有り様を考えるだけでもトレードに大いに参考になるのではないだろうか。

お薦めです。

-コラム

執筆者:

関連記事

チャンスは週4回(くらい)→トレード回数は少ないほうが利益がでる(ようだ)

いいだっち終値トレード法では終値が「ドンピシャ」「ヒゲだし」になったときを狙ってエントリーします。 そのような機会は週にそんなにありません。おしなべると1日1回あるかないくらいでしょうか(逆に一日にな …

「横溝正史疎開宅」に行ってきました。

9月のとある日曜日に岡山県の倉敷市にある「横溝正史疎開宅」に行ってきました。 「八つ墓村」「犬神家の一族」などの推理小説で知られる横溝正史氏は、東京空襲を逃れ家族で岡山県に疎開していました。 都会育ち …

なに!「機械学習で為替を予想」連載。

本屋をのぞいていて、ふと目に止まった「新連載。機械学習で為替を予測」という小さな見出しがある雑誌。 「日経ソフトウェア」というIT技術者向けの雑誌。 ホントか?早々に買って帰って読んでみた。 管理人は …

パワースポット巡りの思い出:富士山の「金運神社」

トレードに勝つための縁起担ぎも兼ねて、パワースポット巡りを時々しています。今回は昔行った富士山の「金運神社」の話です。 2,3年前ですが、富士山のふもとの富士吉田市にある新屋山神社に行ったことがありま …

損小利大について考えてみる

「トレードは損小利大になるようにする」とはよく言われると思います。 しかし実際にやろうとするとよくわからないのではないでしょうか? 管理人もそうだったのですが、このところ少し腑に落ちるところがあり、そ …